建て替えと比べると

○コスト面での比較

建て替えの場合には工事費の他に仮住まい、引越し、不動産登記の費用などの出費が加わります。リフォームは基礎や構造など使える部分をそのまま利用するため、廃棄物や重機作業が少ないので、その分、廃棄物の撤去処分費や運搬費用などの点でコストが削減できます。 また、工事期間が短かく、生活しながらリフォームを進めることもあるため、引っ越し費用など工事以外の費用を抑えられる場合があります。
ただし、リフォームは少しずつ壊して作るという作業のため、やり方次第では建て替えに比べて手間と時間がかかる面もあるため、工事単価自体は割高になってしまうことがあります。その他に、リフォームでは建物表面以外の内部の補強・補修が必要となる場合があります。そのため、実際の工事費用だけでなく、補強・修理などの費用も考慮し、比較検討することが大切です。リフォームと建て替えを比較する場合、工事費用だけでなく総額がいくらになるのか見積もることが大事です。リフォームをするのに、建て替えの場合の7割以上の費用がかかる場合は、建て替えを選択するほうが良いかもしれません。

○建物の構造に大きく手を加える場合

家の基礎が劣化・沈下していたり、シロアリの被害がひどく、土台や柱等の構造部分に大掛かりな工事が必要な場合や、ライフスタイルの変化により間取りを変えるなど、構造的に今と全く違った形状になる場合は、リフォームより建て替えを選択したほうが良い場合があります。
リフォームでも大きな間取りの変更は可能です。その場合は構造的に問題が無いかどうかを確認し、補強工事と並行して工事を行なうことになります。補強工事は内部にある構造体に手を加えるため、周りの壁や天井などを壊しての工事になり、当然その分の費用も発生します。
リフォームは建て替えと違い、仮住まいの心配はないものの、住みながらの工事となるため、プライバシー面のストレスも考慮にいれる必要があります。

○法令により建て替えが制限される場合

条令や建築基準法の改正により土地に様々な制限がかかり、建て替えができなかったり、建て替えると今の家よりも小さな家しか建てられないという場合に、リフォームを選択するケースもあります。
また、リフォームでも構造部分を大きく変えるような大掛かりなリフォームであれば、建築主事や民間の指定確認検査機関に建築確認申請を提出することが必要です。地域によっては小規模なリフォームでも確認申請が必要な場合があります。

今すぐ専門家を探す

リフォームに強い専門家をPICK UP!!

リフォームに強い専門家を「リフォーム相談総合サイト」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

空き家活用.net 空き家・空き地・空室問題 解決サイト! はじめての顧問税理士 防犯・カギの事なら.net はんこ オフィス環境ととのえーる Q&A QRコード