誰に頼む?

リフォームといっても、外壁塗装や壁紙を張り替えるだけの部分的なものから、家をまるごと新しくするような大規模なものまで種類も規模も様々です。工事を請け負う施工業者にも様々な種類があります。

○リフォーム会社

様々な場所のリフォームをしたいという場合には、リフォームの施工箇所ごとで専門の工務店に依頼をしなくても、リフォームに力を入れている会社が総合的に行います。また、アフターケアなどの体制が整っている大企業は魅力的で安心感もあります。
受注や契約、プランニングなどを行うのがリフォーム会社でも、実際の施工は専門の工務店に委託をしているところもあります。そのため、費用が割高になる場合があります。小規模なリフォームや専門性の高いリフォームであれば工務店に直接依頼したほうが費用を安く抑えられたり、リフォームに関する商談などが円滑に進められます。

○工務店

工務店は、一般的に規模はさほど大きくなく、専門性の高い業者のことです。例えばクロスの張替えを専門に請け負う内装専門の工務店や、ガラスの入れかえなどを行うガラス専門の工務店があります。なかには、リフォーム全般に対応する会社も少なくありません。地域密着型の工務店であれば、実績や評判などがわかりやすく、信頼度も高いと言えます。
工務店とリフォーム会社どちらに依頼するかは、リフォームの規模や内容によります。また、両方から見積もりをとり比較し、どちらの業者が自分の行いたいリフォームに合っているか検討することも、リフォームを失敗しないためのポイントです。

○住宅メーカー・ゼネコンなどの大手建設業者

住宅メーカーの多くは、自社の物件のリフォーム専門部門や会社などのメンテナンス部門を設けている場合があります。こうした業者に依頼するメリットは、住宅全体を総合的に扱っているため、大規模な増改築にも対応できる点です。さらに、現在の住まいを建てた会社であれば構造や設計を細かく把握しているのがメリットです。

○設計事務所・建築事務所

間取り変更、収納の配置、デザインなど、ライフスタイルに応じたプラン提案を中心に、工務店などを使って現場の施工管理まで行います。新築を手掛ける場合が多いため、増改築など大規模なリフォームの場合は施工まで依頼できます。ただし、小規模のリフォームができない場合やリフォーム経験が少ない事務所があるため確認が必要です。

○電気・水道・ガスなどの設備工事店・部品メーカー工事店

業種によって得意とする分野が決まっています。個別の設備工事が中心ですが、関連する分野のリフォームを行っている場合もあります。

○塗装・内装・屋根・板金・タイルなどの工事店

大規模な増改築をすべて請け負うところは少なく、塗装・内装・屋根・板金・タイルなど専門分野のリフォームを主として行います。

○建材店・デパート・家具店・ホームセンター・不動産仲介業者

大規模なリフォームに対応できるところもありますが、多くは物品販売が中心で、比較的規模の小さい工事を主として行います。

建て直しか、リフォームか迷ったら?

費用的に見ると、新しい資材代、解体費、処分費用もかからないので、新築を購入するよりもリフォームの方がコストを抑えられます。ただし、物件の築年数によっては、リフォームだけでは直せないと判断されることもあります。間取りや構造自体を変えるといった場合は、新築の方が安くなることもあります。

最近では、ベースとなる骨組みを残して間取りなどを変えるリノベーションも話題になっています。リフォームとリノベーションは別のものではありますが、リノベーションは大掛かりなリフォームと捉えてかまいません。

今すぐ専門家を探す

リフォームに強い専門家をPICK UP!!

リフォームに強い専門家を「リフォーム相談総合サイト」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

空き家活用.net 空き家・空き地・空室問題 解決サイト! はじめての顧問税理士 防犯・カギの事なら.net はんこ オフィス環境ととのえーる Q&A QRコード